apple, Music, Diving, Gadget... Etc.

Articles Posted by wada.tk (Page 2)

Posts by : wada.tk

Author / 36 Posts
,

iPhone6sにしても、やっぱり使っているとバッテリーが足りなくなるので、遠出する時用にモバイルバッテリーを購入しました!

IMG_0772

いろいろ調べてみましたが、16,000mAhという大容量、USBが2ポートあるので、2台同時にチャージできるということで、こちらにしてみました。

 PowerIQ搭載ということで、接続した機器を自動判別し最速で充電されます。

 大容量の割にはコンパクト、重さは少しありますが容量考えると仕方ない部分でしょう。
付属品として、メッシュのケースと、充電用のUSBケーブルがついてきますよ。

 で、肝心の充電ですが、計測してないので体感ではありますが、充電速度は非常に高速です。
体感的には、iPad用の充電器でiPhoneを充電しているより少し早いくらい。
でもって大容量なので、iPhone6sでフル充電3回程度可能です。

長期間、電源確保できないときには非常に便利なツールなので、一つ持ってると便利ですよ♪

 [rakuten id=”anker:10000291″][/rakuten]

,

今までiPhoneは裸族で通してきましたが、レンズが少し出ているのと、やはり落としそうな感じがするので、カバーを付けてみました。

なんにしようかなぁと思ったんですが、、、

[rakuten id=”mikketa:10001041″][/rakuten]

これに少し引かれていたのですが、、、

やっぱり、iPadのスマートカバーでも使っている純正にしましたですよ。赤好きなので、PRODUCT REDで。

やっぱり純正の完成度は高いですね。

ぴったり♪

そろそろ使用始めて1ヶ月立ちますが、今のところ何も不具合無く過ごしてます。

カバーに迷った方は是非お試しあれ。

,

CentOS6.6のフレッシュインストールから、LEMP(CentOS,nginx,Mariadb,PHP)の構築機会が有ったので、コマンドのみ、備忘録。

この手順で、下記がインストールできます。

nginx 1.6.2
MariaDB 10.0.14
PHP 5.6.2 (+OPcache)

てな感じで、コマンドのみドン。

//とりあえず、最新パッケージに更新
# yum -y upgrade

//epelとremiのリポジトリを追加# mkdir /usr/local/nginx
# mkdir /usr/local/nginx/cache

# chmod -R 2777 
# mkdir /usr/local/nginx/cache

# sudo rpm -ivh http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

//とりあえず必要そうな物を入れる
# yum -y install perl perl-DBI lsof rsync socat

//まずはDBから。今回はMariaDBのクラスタ版10.0を選択。
# yum install -y MariaDB-Galera-server MariaDB-client galera

//初期設定をごにょごにょ。
# vi /etc/my.cnf.d/server.cnf 

//クラスタ最初の場合は、下記オプションで起動。
# /etc/init.d/mysql start --wsrep_cluster_address=gcomm://

//とりあえずrootのパスワードを変更
# mysqladmin -uroot password 'newpass'
# mysql -uroot -p -hlocalhost

//次はPHP系を導入。今回はremiからphp5.6系を導入
# yum install --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php56 php php-opcache php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysqlnd php-phpunit-PHPUnit php-pecl-xdebug php-pecl-xhprof php-fpm

//php-fpmの初期設定をごにょごにょ。
# vi /etc/php-fpm.d/www.conf 

//nginxを導入。epelだとnginx1.0系になるので注意。今回は1.6を導入。
# yum install --disablerepo=epel nginx

#念のため、コンフィグオプションを確認。SSLとgunzip系が入っているのを確認。
# nginx -V
configure arguments: 
	--prefix=/usr/share/nginx 
	--sbin-path=/usr/sbin/nginx 
	--conf-path=/etc/nginx/nginx.conf 
	--error-log-path=/var/log/nginx/error.log 
	--http-log-path=/var/log/nginx/access.log 
	--http-client-body-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/client_body 
	--http-proxy-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/proxy 
	--http-fastcgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/fastcgi 
	--http-uwsgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/uwsgi 
	--http-scgi-temp-path=/var/lib/nginx/tmp/scgi 
	--pid-path=/var/run/nginx.pid 
	--lock-path=/var/lock/subsys/nginx 
	--user=nginx 
	--group=nginx 
	--with-file-aio 
	--with-ipv6 
	--with-http_ssl_module 
	--with-http_spdy_module 
	--with-http_realip_module 
	--with-http_addition_module 
	--with-http_auth_request_module 
	--with-http_xslt_module 
	--with-http_image_filter_module 
	--with-http_geoip_module 
	--with-http_sub_module 
	--with-http_dav_module 
	--with-http_flv_module 
	--with-http_mp4_module 
	--with-http_gunzip_module 
	--with-http_gzip_static_module 
	--with-http_random_index_module 
	--with-http_secure_link_module 
	--with-http_degradation_module 
	--with-http_stub_status_module 
	--with-http_perl_module 
	--with-mail 
	--with-mail_ssl_module 
	--with-pcre 
	--with-google_perftools_module 
	--with-debug 
	--with-cc-opt='-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector --param=ssp-buffer-size=4 -m64 -mtune=generic' 
	--with-ld-opt=' -Wl,-E'

//nginxの初期設定をごにょごにょ。
# vi /etc/nginx/nginx.conf

//セッション置き場を作成。パーミッション付与を忘れずに。
# mkdir /var/lib/php/session
# chmod -R 770 /var/lib/php/session

//nginxとphp-fpmを起動。
# /etc/init.d/php-fpm start
# /etc/init.d/nginx start

 アクセスしてみて表示されれば完了!

,

ちょいと案件で、WordPressのサーバ引越案件があり、パフォーマンスを上げることも要件に入っていたので、Nginx+PHP+MariaDB環境(LEMP)を構築したので、ついでに自分の環境も載せ替えてみた。

その備忘録。今回はDBはそのまま、MySQLで載せ替えしない。

まずは、Nginxとphp-fpmを入れる。

rpm -ivh http://nginx.org/packages/centos/6/noarch/RPMS/nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch.rpm

 まずは、nginxのリポジトリの追加。

上記はCentOS6系。それ以外の方は、こちらを参照して、自分の環境に合ったレポジトリを追加してね。

で、nginxとphp-fpmをyumで追加。

yum install nginx
yum install php-fpm --enablerepo=remi-php55

 今回、php-fpmはremi-php55のものを使用しました。

あとは、コンフィグをちょいちょいと。

まずは、php-fpmの設定は下記。

vi /etc/php-fpm.d/www.conf
[www]

;listen = 127.0.0.1:9000
listen = /var/run/php-fpm.sock

listen.owner = apache
listen.group = apache
listen.mode = 0666

user = nginx
group = nginx

pm = static
pm.max_children = 5
pm.start_servers = 5
pm.min_spare_servers = 5
pm.max_spare_servers = 35
 
php_admin_value[error_log] = /var/log/php-fpm/www-error.log
php_admin_flag[log_errors] = on
;php_admin_value[memory_limit] = 128M

php_admin_value[upload_max_filesize] = 16M
php_admin_value[post_max_size] = 16M

; Set session path to a directory owned by process user
php_value[session.save_handler] = files
php_value[session.save_path] = /var/lib/php/session

 でもって、nginxの設定はこちら。とりあえず、default.confに突っ込んだ。

vi /etc/nginx/conf.d/default.conf

 

upstream wada.tk.backend {
        ip_hash;
        server 127.0.0.1:8081;
}

upstream wada.tk.admin {
        ip_hash;
        server 127.0.0.1:8081;
}

server {
        listen       80;
        server_name  wada.tk;
        root /path/to/documentroot;

        location /wp-admin { proxy_pass http://wada.tk.admin; }
        location /wp-includes { proxy_pass http://wada.tk.backend; }
        location /feed { proxy_pass http://wada.tk.backend; }
        location /wp-login.php {
                proxy_pass http://wada.tk.admin;
        }
        location ~ .*.php {
                proxy_pass http://wada.tk.admin;
        }
        location ~ .*.sql { deny  all; }
        location ~ /.ht { deny  all; }
        location ~ .*.(txt|xml|html?|js|css|gz|ico|jpe?g|gif|png|wmv|flv|swf|mpg) {
                index   index.html index.htm;
                if (-f $request_filename) {
                        access_log  off;
                        ssi     on;
                        expires 30d;
                        break;
                }
                proxy_pass http://wada.tk.backend;
        }
        location / {
                index   index.php index.html index.htm;
                if ($http_cookie ~* "comment_author_[^=]*=([^%]+)%7C|wordpress_logged_in_[^=]*=([^%]+)%7C") {
                        proxy_pass http://wada.tk.admin;
                        break;
                }
                set $mobile "";
                if ($http_user_agent ~* '(DoCoMo|J-PHONE|Vodafone|MOT-|UP.Browser|DDIPOCKET|ASTEL|PDXGW|Palmscape|Xiino|sharp pda browser|Windows CE|L-mode|WILLCOM|SoftBank|Semulator|Vemulator|J-EMULATOR|emobile|mixi-mobile-converter)') {
                        set $mobile "@ktai";
                }

                if ($http_user_agent ~* '(iPhone|iPod|Opera Mini|Android.*Mobile|NetFront|PSP|BlackBerry)') {
                        set $mobile "@mobile";
                }
                if ($http_cookie ~* "comment_author_|wordpress_(?!test_cookie)|wp-postpass_" ) {
                        set $do_not_cache 1;
                }
                proxy_no_cache     $do_not_cache;
                proxy_cache_bypass $do_not_cache;
                proxy_cache czone;
                proxy_cache_key "$scheme://$host$request_uri$is_args$args$mobile";
                proxy_cache_valid  200 10m;
                proxy_cache_valid  404 5m;

                proxy_pass http://wada.tk.backend;
                access_log /var/log/nginx/$host.access.log main;
        }
}

server {
        listen      8081;
        server_name 127.0.0.1;
	root /path/to/documentroot;
        access_log /var/log/nginx/$host.backend.access.log backend;
        location ~ /.ht { deny  all; }
        location / {
                index index.php index.html index.htm;
                if (-f $request_filename) {
                        expires 30d;
                        break;
                }
                if (!-e $request_filename) {
                        rewrite ^(.+)$ /index.php?q=$1 last;
                }
        }
        location ~ .php$ {
                fastcgi_pass   unix:/var/run/php-fpm.sock;
                fastcgi_index  index.php;
                fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /path/to/documentroot/$fastcgi_script_name;
                include        fastcgi_params;
                fastcgi_pass_header "X-Accel-Redirect";
                fastcgi_pass_header "X-Accel-Expires";
        }
}

 現状1サーバですが、のちのち増やしやすいように、streamを設定。

あとは、リバースプロキシの設定もやっているので、wordpressの応答速度向上にも向いてるのでは無いかと。

あと、やるとすれば、php-fpmのキャッシュを行えば、結構なアクセスにも耐えれるはず。。

その辺はまた時間が出来たときにやってみようと思います。

,

久々に設定してたら忘れてたのでメモ。

CentOSでルーティングを追加する場合ですが、一時的に追加する場合は下記で設定可能です。

※※eth1に追加する場合
# route add -net 192.168.0.0/24 gw 192.168.0.254 eth1

※※上記経路を削除する場合
# route del -net 192.168.0.0/24 gw 192.168.0.254 eth1

 

ですが、この設定だと再起動した際、設定した経路は無くなってしまいます。

そこで、スタティックルートの追加。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/route-eth1

192.168.0.0/24 via 192.168.0.254

# /etc/rc.d/init.d/network restart

 これで、サーバ再起動しても、該当のルーティング情報は残ります。

 

,

やっとこさ、iPohne6 plusが来まして、何日か使ってみましたので、簡単にレビューを。

他のレビューでは、発売当初はネガティブなレビューが出てましたが、最近ではいい評価のレビューも出ております。

私も同じく、いい印象。

「やっぱでかっ」

ですが、大は小を兼ねますよ。

はい。

履いているものによってはポケットに入らないし、片手だと文字入力しにくいし。
iPhone6plusを耳に当てて電話すると大きいし。というより幅があるので持ちにくいから落としそうだし。

でも、あらかた予測していた範囲内です。

大きいのは予約入れる前に現物触ったから、だいたいの予測は付いてましたし、
文字入力するときは両手持ちすればいいと考えていました。
また、iPhoneを持つときは、中央辺りをしっかり握って落とさないでおこうと。

 

予想通りだったんですが、一点。片手持ちしているときに、ホームボタンが押しづらいんです。

アプリを切り替えたり、ホームに戻ったりするときに、大抵困ります。

iPhoneを中央でがっちり握ったときの弱点ですね。

 まぁ、そのときだけ、もう片方の指を使うか、本体の下の方を持っていればあんまり問題無いんですがね。

現実問題、片手しか使えない時って今のところないので、もう片方の指を使う事でなんなく過ごせています。

あとは、徐々にiPhone6plus対応のアプリも増えてきているので、どんどん使いやすくなってきてますね。

なのでどんどん、iPad miniの出番は無くなってきています。
もちろん、全く0になるとは考えてませんが。

個人的には、噂の12inch iOS/OSXハイブリットのiPadが出てくることを望んでいます。

そうすれば、apple watch , iPhone6 plus , 12inch iPad, 15inch Macbook pro retinaで連携させて自己満足できるのに。

あとは、Retina の Thunderbolt Displayも出て欲しいですねぇ。

次回は、iPhone6 plusのホーム画面が落ち着いてきたので晒してみたいと思います。

 

 

 

,

OSX

iPhone/iPadでは、Mailboxを使用していますが、OSXでは、Airmailを使用しています。

[phg media=”mac-software” id=”573171375″][/phg]

こんな感じ。

スクリーンショット 2014-10-13 10.41.45

ひさびさにMailboxを見てたら、OSX用のbetaが出ていたので使ってみた。
ダウンロードはこちらから。

 

見た目や、操作感は、iPadに近いかなぁ。

スワイプで、削除とか後に読むとか簡単にできるし、便利かも。
なにより、Dropbox経由で設定が同期できるので、Dropboxにさえログインすれば、後の設定は勝手にされます。

便利なんだけど、、、シンプルすぎて味気ないんですよね。

スクリーンショット 2014-10-13 10.40.35

 

Airmailもシンプルなんですが、アイコンがあったりしてそれなりに見栄えするんだけども。
でもって、Airmailも、スワイプでゴミ箱とアーカイブには入れられるんですよね。

もう少し、Airmailを使ってみて、Mailboxは正式版が出たときに再度考えてみようかなぁと思います。

 

皆さんも、標準のメールに不満があれば、ぜひAirmail使ってみてください。

,

OSX

タイトルでほぼ終了な感じなんですが、はやり?の、Windows10 Technical Previewを入れてみました。

スタートメニュー復活な感じですね。

8系と7系がいい感じにミックスされている感じ。

やっぱりwindowsメニューがあった方が、Winな感じしますねぇ。

使いやすそうなOSになってきてると思います。
でも、マカーには関係無いけども。

ネタにはいいので、リリースまで追っかけてみようと思います。

今回はこの辺で。

,

久々に、応募フォームつくってて、ajaxzipを久々に使ってみた。

3が出来て、郵便番号の更新は必要ないとのことで、使ってみましたよ、ajaxzip3

テスト環境だと問題無かったのに、本番だと動かない。。。。

調査した結果、azaxzip3のタグミスでした。。

<script src="//ajaxzip3.googlecode.com/svn/trunk/ajaxzip3/ajaxzip3.js" charset="UTF-8"></script>

 いつもの癖で、//から記入してました。

大抵の場合は、SSL環境にいっても問題ないんですが、ajaxzip3は、下記の様に書かないと駄目みたい。

<script src="https://ajaxzip3.googlecode.com/svn/trunk/ajaxzip3/ajaxzip3-https.js" charset="UTF-8"></script>

まぁ、ajaxzip3のプロジェクトページトップに書いていますけどね。。

 

詳しくは追ってないのですが、おそらく、上の書き方だとJSONデータを取りに行くときにnonSSL接続のため、データが取得できてないのでは?と思います。

プロトコルも見て、自動的に切り替えてくれると便利なのに。。

,

OSX

基本的にデスクトップはシンプルにしようと今年は決めていたので、デスクトップは何も無いですがメニューバーがだんだん長くなってきて邪魔になってきました。

標準のものは、コマンドキーを押しながらドラッグして移動したり非表示にしたり出来ますが、自分でつっこんだアプリは、入れる毎に増えていきます。それでもって、位置の変更も出来ない。

たまにしか使わない物や監視系などちょいちょい入れてますが、シンプルにならないかと思い調べてたら、Bartenderを発見。

$15のソフトウェアですが、4週間試せますので、興味のある方はどうぞ。

インストールされているメニューバーアプリのアイコン毎に設定可能です。

OtherViews_と_Bartender_Preferences

  • 非表示化もしくは、バーテンダーバーに表示。
  • アラート時に表示するかどうかを設定。(秒数も可能)
  • メニューバーの表示順の変更(コマンドキーを押しながらアイコンをドラッグ)

結果、以下の様にシンプルになりました!
結果、常時出ているのはCPU LEDとClipMenuのみになりました。

入れているメニューバーアプリは、また後日紹介したいと思います。

スクリーンショット-2014-09-23-10.22.46

あ〜すっきり。

||