apple, Music, Diving, Gadget... Etc.

Articles Posted by wada.tk (Page 4)

Posts by : wada.tk

Author / 39 Posts
,

OSX

いつからかは覚えてませんが、Mac購入の際は、USキーボードの配列を買っています。

今のMacbookProもそうだし、Apple Wireless KeyboardもUSキーボード。

一番の理由は、キートップが美しいから。

困ることは殆どないので、ずーっとUSキーボードです。

たまに人の端末使う時に、@の位置やらなにんやら記号系の配列が違うので、たまに戸惑うぐらい。

逆に他人が私の端末使う時にFEP切替どうするの?と聞かれますが、通常の日本語キーボードと同じように

スペースキーの左右のボタンで出来るよと答えています。

それを実現してくれているのがKarabinerというアプリ。

もともとは、KeyRemap4MacBookというアプリだったんですが、最近のアップデートで、Karabinerという名前に変わりました。

ダウンロードはこちらから。

私はこのソフトを使用して、右コマンドキーをかなキーに、左コマンドキーを英数キーとして使っています。

コマンドキー+他のキーで、通常のコマンドキーとしても使えますよ。

ちなみに私が利用しているXMLは下記の通り。

<?xml version="1.0"?>
<root>
<item>
    <name>wada.tk</name>
    <item>
       <name>左右のコマンドキー(⌘)を「英数/かな」としても使う</name>
       <appendix>(左/右コマンドキーの空打ちで「英数/かな」)</appendix>
       <appendix>(コマンドキーを押している間に他のキーを打つと通常のコマンドキーとして動作)</appendix>
       <identifier>remap.jis_command2eisuukana_prefer_command_notvirtualmachine</identifier>
       <not>VIRTUALMACHINE</not>
       <autogen>__KeyOverlaidModifier__ KeyCode::COMMAND_L, 
           KeyCode::COMMAND_L, KeyCode::JIS_EISUU</autogen>
       <autogen>__KeyOverlaidModifier__ KeyCode::COMMAND_R, 
           KeyCode::COMMAND_R, KeyCode::JIS_KANA</autogen>
    </item>
    <item>
       <name>左右のコマンドキー(⌘)をVirtualMachineでも「英数/かな」として使う</name>
       <appendix>(VirtualMachine上でコマンドキーを空打ちすると[Ctrl+Shift+F12])</appendix>
       <appendix>(コマンドキーを押している間に他のキーを打つと通常のコマンドキーを送信)</appendix>
       <appendix>(Parallelsのデフォルト設定では同時押しのコマンドキーは[Ctrl]と解釈される)</appendix>
       <identifier>remap.jis_command2eisuukana_prefer_command_virtualmachine</identifier>
       <only>VIRTUALMACHINE</only>
       <autogen>__KeyOverlaidModifier__ KeyCode::COMMAND_L, 
           KeyCode::COMMAND_L, KeyCode::F12, ModifierFlag::CONTROL_L | ModifierFlag::SHIFT_L</autogen>
       <autogen>__KeyOverlaidModifier__ KeyCode::COMMAND_R, 
           KeyCode::COMMAND_R, KeyCode::F12, ModifierFlag::CONTROL_L | ModifierFlag::SHIFT_L</autogen>
    </item>
 </item>
</root>

 で、設定画面は、これ。

Karabiner_と_Parallels_仮想マシン_と_iPhoto

もう一ついじっているのが、OSXの環境設定で、キーボード設定で、capslockとcontrolキーを入れ替えてます。

OtherViews_と_キーボード

やっぱり、controlキーは、Aの隣が打ちやすい。

ついでに、ParallelsでもATOKを利用していますが、こちらも、Karabiner経由で、同じように日本語/英語切替出来るようにしています。
こっちは、めんどくさいので、どちらのキーでもトグルようにしてますが。。

ATOK_キーカスタマイズ

 

[rakuten id=”glitterdolls:10000782″][/rakuten]
,

写真は、ハードウェア音源使ってたときの最終形態時のもの。

で、このときのミキサーがYAMAHA 01Xです。

デジタルミキサーは、確か01Xが2代目。これの前は03Dを使ってました。

とりあえず、03Dと比べて小さくなったこと。何よりMacと直結(厳密にはmLAN規格なので、ネイティブ接続ではないけども)出来るようになったので、オーディオインターフェイスが無くても平気ってな所が、飛びついた理由です。

そういや、mLANってどうなってんだ?いま。

業務用というより民生機なので、フェーダーとかは、それなりのスタジオのやつと比べるとしょぼいですが、アマチュアには十分でしょ。

HUIとしても使えるし、オーディオI/Oにもなるし、ミキサーにもなるしと、一台で3度おいしい。

出音は良くも悪くもYAMAHAちゃん。

個人的にYAMAHAのデジタルコンプの音が好きなので非常に嬉しかったですねぇ。

 

今となっては、MAC一台で全部出来てしまうので、ハードウェアは全て手放しましたが、有ると便利な機材な気が。。

よくよく考えたら、PCから8chのI/Oで接続していたので、01X使ってたときだけの気がする。

 

あと、超個人的主観ですが、HUIとしても優秀だった気がしますな。

今となってはiPadがその座を奪っていますが、その辺のアプリはおいおい紹介していきます。

 

宜しくお願いいたします。

,

現在のデスクトップ環境【ハードウェア編】 といっても、今のメインマシンの話。

以前は、デスクトップとノートパソコン両方使っていたんですが、Retinaが出てからは完全に1台にしましたよ。

ということで、mac情報を公開。 MBP Retina(2012mid)のUltimateモデル。

 

システム概要ディスプレイ

ストレージUSB情報

 

 

この前は、MBP17inch&13ichMBAとiMac27inchを使ってましたが、Retinaで一台で完璧。 SSDで750GB載っかったのが、一台集約の決め手な気がします。

もう、SSD無しには戻れないですね。

今までは、1年に一度、ノートとデスクトップを順番に入れ替えていたのですが、MBP-retinaにしてからは、型番通り、2012年から変えていない。。

次のチップセットになったら買い換えかなぁ。

,

何か最近、AWSやらGMOやらSAKURAやらいろんなクラウドやらVPSに入れてるので、コピペ用として備忘録。

 まずはリポジトリの追加。

$ sudo yum -y install http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
$ sudo sed -i -e "s/enabled = 1/enabled = 0/g" /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
$ sudo rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
$ sudo sed -i -e "s/enabled = 1/enabled = 0/g" /etc/yum.repos.d/epel.repo
$ sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
$ sudo sed -i -e "s/enabled = 1/enabled = 0/g" /etc/yum.repos.d/remi.repo

32bit版の人は、_64を_32に変更してくださいな。

 

で、ついでにアップデート

$ sudo yum -y update --enablerepo=rpmforge,epel,remi,remi-php55

 

終わったら、いろいろインストール。

# sudo yum -y install --enablerepo=remi,remi-php55 php php-opcache php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysql php-cli php-common
# sudo yum -y install --enablerepo=remi,remi-php55 mysql-server

 とりあえず、これで簡単導入編は完了。

あとは、apacheとかミドルウェアの設定をやれば完了ですね。

,

7.63 equipment

今は手元にないですが、3台、音源選んでといわれれば、必ず選ぶであろうラックマウント音源。

音的にはEnsoniqが一番好きですねぇ。

特に拡張ボードEXP-3 Urban Danceは、いろいろと重宝しました。

スペック
音源方式:PCM
同時発音数:64音
チャンネル:16ch

リズム系の音もいろいろ使った記憶がありますね。
良くも悪くも出音に癖があるので、一台で曲仕上げるには辛い物がありますが、リードやメインバッキングとして使用するにはものすごく重宝する音源だと思います。

 

,

OSX

デスクトップ環境の備忘録としてメモメモ。

以前は、アプリケーションランチャーとして、DragThingを使っていましたが、Alfredを知ってからはこちらに移行しました。

個人的な一番の利点は、デスクトップを占有しないことと、アクションが少なくて済むこと。マウス操作が要らないのが大きいですね。

最近はデスクトップも広くなってきてますし。

私は設定で呼び出しをシフトキーのダブルクリックにしてますので、カチカチっと押せば、すぐに立ちあがる。

そこから、Photoshopならpと押せば絞り込まれるわけです。

 

使い込んでいけば上位に出てくるので慣れてくると1秒掛からずキック出来ると思います。

あとは、ファイル検索やメール検索など、Spotlightライクな事も出来ますし、v2からはworkflowが実装され、さらに複雑な処理を挿せることも可能です。(こっちは、有償のプラグインが必要)

ランチャーとしてだけでも十分使い道あると思いますので、興味があるかたはどうぞ。

[phg media=”mac-software” id=”405843582″][/phg]
,

JayBirdのBlueBuds Xの低域がやはりもう少し欲しいなぁと思い、EQ-Appを探したりしていろいろしてみましたが、いまいちしっくりこない。

ついでに、イヤーチップがやはり大きく、長時間着けていると痛くなってくる。
そこで、またまたいろいろググっていたら、Complyのイヤーチップがいいらしいとの噂。

ということで、Complyのサイトで対応する型番を調べると、、、、500系のシリーズならいけるみたい。

 [rakuten]e-earphone:10012143[/rakuten]

いろいろ種類がありますが、今回はTx-500を選択。

で、買った矢先に歩きながら取り替えてると早速一個無くした。。。orz
みなさん歩きながらはやめましょう。

気を取り直して、Tx-500を入れようとするとかなりきつきつ。
大丈夫か?と思いながらも、まぁ、駄目になってもまだあるからと思い、半ば強引に入れてみた。
付けた当初は力を入れたせいでぺちゃんこでしたが、時間が立てば復元。

で、早速音チェック。。。。

ん。こんなに違うの?とビックリ。

低域がしまって聞こえ、若干、物足りなさはあるけども全然OK。
何より、耳のフィット感が全く違う。

イヤーチップだけでこんなに変わるのね。。。

と思うと、以前使っていた、BeatsやAtomic Floydでも試してみたいと思いつつ。

当面は、BlueBudsでいけそうですな。

,

6.75 equipment

beats by dr.dreのイヤホンが断線してから、Appleの純正を使っていましたが、いろいろ思うところがあり、イヤホンを物色。

そうすると、JayBirdのBlueBuds Xというイヤホンのレビューを見つけ、いろいろ調べた結果、試しに購入してみた。

Bluetoothのイヤホンは音が悪いという印象を持ってたんですが、思うほど悪くない。

もちろん、有線のいいイヤホンと比べると妥協しなくてはいけないんですが、基本移動中に使う事を考えれば全然普及点でしょ。

ケーブルが無いと、満員電車でのケーブルを気にしなくて良かったりと、メリットが大きいです。

個人の趣味もありますが、高音のスピード感とか、結構いい感じ。

防汗仕様とのことで、スポーツ中の使用に力を入れているせいか、リズミカルな曲には結構いい感じかと思います。

ただ、個人的には低音が足りないかなぁというところと、イヤーピースが一番小さいSでも耳が痛いくらい大きい。
#この辺は、耳の形にもよるので、ご参考まで。

あとは、バッテリの持ちがいい感じです。実際に6,7時間は平気で持ちます。

気になるのは、使っていく中で劣化がどれくらいかってことですかね。

あと、インターフェイスが標準の物と違うので慣れるまでよく間違います。

曲のスキップするのに、真ん中のボタンを2度クリックしてしまいます。そうすると、リダイヤルになるんですよね。
結構慌てます。
慣れれば、逆に使いやすいと思いますよ。

エージングされればまた、印象変わってくるかもしれませんが、おおむね満足です。

[rakuten id=”kitcut:10036126″][/rakuten]
,

OSX

Mac使ってて、個人的には結構頻繁に、音の出力先を変更します。

ヘッドホン、MBPから直接、外部ディスプレイなどなど、いちいち”サウンド環境設定”を開いてやってたんですが、それだと結構めんどくさいです。

なので、メニューバーにある、ボリュームのアイコンを“option”キーを押しながらクリックすると。。。。

スクリーンショット_2014_08_14_23_17

 

 

簡単にアクセス出来て変更も簡単。

使う事が多い人は覚えておくと便利かと。

 

 

||