ひさびさのメカニカルキーボード

クラウドファンディングのmakuakeでたまたま見かけたメカニカルキーボードの”NUTYPE F1″を買ってみました。既にⅠヶ月近く利用しています。

ここ数年は、Apple純正のキーボードを使っていたのですが、ブラックだとテンキー付きのものしか無いんですよね。

悪くはないんですが、開発仕事でタイピングするにはテンキーがあまり必要無く、トラックパッドまでの距離が長くなるため、開発するときはホワイトのテンキー無しを使ってたわけです。下の写真の真ん中のやつ。

でもやっぱり見た目って重要で、テンション上がらないんですよね、白いと笑

ということで、今回の”NUTYPE F1″を試してみようと。

見ての通りファンクションキーの列がないんですが、こちらもfnキーと組み合わせて使えるのと実際プログラミングではそんなに頻繁には使わないので全然問題なかったです。

打鍵感はやっぱりメカニカルキーボードの方がいいですね。
個人的にはApple純正でもそんなに不満はないのですが、比較すると全然ちがうかなと。今回は打鍵感メインで茶軸を選択しましたが、不満は全くなしです。

あとはLEDのフラッシュパターンが数通りから選べるので、その辺も嬉しい点です。実際タイピングするときは手元見ないのであんまり関係無いですが。。笑

Bluetooth接続で3端末まで登録可能でショートカットで簡単に切り替えられます。Win/Mac用に設定変更も可能で、MacBookProのUS配列ならば、MBPのキーボードの上にも置くことが可能です。

MBPに載せてみたの図
タッチバーもかろうじて触れます
Nutype Fの裏面。鏡面にカーテンが映っていますが笑
この突起でMBPのキーボードにかみ合うことで固定されるようになっています
残念ながらUSキーボードのみ対応らしい

ネットで購入可能、日本にももちろん発送してもらえますので、興味のある方はどうぞ。